信徒の月例会(2021年5月~2022年2月)

岩島忠彦神父

教会と七つの秘跡、そして信仰者の生き方

(聖イグナチオ教会・イエズス会)

 
昨年は、信徒の月例会を開くことができませんでしたので、昨年度のプログラムを、今年5月から始めたいと思います。コロナの影響はまだ残っているものと思われますので、教会の大聖堂で開催することにしました。開催に当たって、月毎の申し込み用紙を添付しました。また、入り口で検温等のチェックをするかと思いますが、ご協力の程お願いいたします。健康に不安のある方はご遠慮願います。大聖堂も百名が限度ですので、やや早めにおいで下さることを、お勧めいたします。また、ご自身の聖書を持参なさることをお勧めいたします。
 「キリスト教信仰の見直し」も三年目になりました。今年度は今のカトリック教会の方向性を定めた第二バチカン公会議から始め、教会の本質的な実現の場である七つの秘跡を、順次取り挙げてお話ししたいと思います。さらに、この世を生きることの本筋を考え、最後に死とそれを越える永遠の命について考えて、この三年間を締めくくりたいと思います。
 事情が流動的ですので場合によって、変更となる可能性もありますので、「聖イグナチオ教会のホームページ」を随時ご参照ください。話は一回完結です。講話に引き続き、16:00から大聖堂で主日のミサを祝います。信仰について共に考え、そして共に祈りましょう。ミサへの参加は自由です。


<いつ> 毎月第2土曜日、午後2時 (6月は第一土曜日、8月は夏休み)
<どこで> 聖イグナチオ教会大聖堂
<何を>  
21年5月8日(土) 第二バチカン公会議―現代的意義とその帰結―
6月5日(土) 聖体の秘跡―キリストの形見―
7月10日(土) ゆるしの秘跡―神の愛と罪―
―――  
9月11日(土) 洗礼と堅信―キリスト者であること―
10月9日(土) 結婚と愛―人生の設計―
11月13日(土) 修道生活と司祭職―希望と信仰のしるし―
12月11日(土) この世に生きる―人間の大地―
22年1月8日(土) 挫折と試練―病気・老い・死をいかに受け止めるか―
2月12日(土) 永遠の命を信じる―死・天国・煉獄・地獄について―

2020年度はこちらから