王であるキリスト

岩島忠彦


(2018年11月25日:ダニエル7・13~44、黙示録1・5~8、ヨハネ18・33b~37)

 
 ヨハネ18・33b~38:
(そのとき、ピラトはイエスに、)「お前がユダヤ人の王なのか」と言った。イエスはお答えになった。「あなたは自分の考えで、そう言うのですか。それとも、ほかの者がわたしについて、あなたにそう言ったのですか。」ピラトは言い返した。「わたしはユダヤ人なのか。お前の同胞や祭司長たちが、お前をわたしに引き渡したのだ。いったい何をしたのか。」イエスはお答えになった。「わたしの国は、この世には属していない。もし、わたしの国がこの世に属していれば、わたしがユダヤ人に引き渡されないように、部下が戦ったことだろう。しかし、実際、わたしの国はこの世には属していない。」そこでピラトが、「それでは、やはり王なのか」と言うと、イエスはお答えになった。「わたしが王だとは、あなたが言っていることです。わたしは真理について証しをするために生まれ、そのためにこの世に来た。真理に属する人は皆、わたしの声を聞く。」ピラトは言った。「真理とは何か。」

 
 最後の主日で、来週からは新しい年度が始まり、主のご降誕を準備する待降節になります。教会はこの最後の主日を「王であるキリスト」として祝います。第一朗読は、神と共に天から降った「人の子」が、「権威、威光、王権を受けた。諸国、所族、諸言語の民は皆、彼に仕え、彼の支配はとこしえに続き、その統治は滅びることがない」として、キリストの世界大で永遠に至る王権を示唆しています。私たちキリスト教徒にとって、この信念は正しく、年間最後の主日に相応しいテーマであると思います。ただ、毎年この日を迎えると、若干の違和感を感じることも否めません。その理由は「王」という言葉にあります。今という時代を生きる私たちにとって、王という言葉は、ちょっと古くさく、過去のものと感じられるからです。
 ラテン語の王-REXは、regereという動詞から派生した言葉です。この動詞の意味を調べると、「統治する」とか「支配する」と書かれています。その名詞形なら、統治者・支配者であり、「王」が正しいことになります。しかしregereの第二の意味には、「導く」「案内する」と書かれています。そうするとその名詞形は言わば「リーダー」といった意味になります。私たちの先頭に立って道を切り開き、私たちを新しい境地へと導いて下さる唯一の方――この方が、私にとっては、キリストに相応しいように思われます。
 こんなことを前提として、今日の福音のピラトとイエスの対話を見てみましょう。ピラトはイエスに、「お前は王か?」と問い、イエスはピラトに、「あなたは自分の考えで本気でそう訊いているのか、あるいは他の者がそう言っているのか」と問い返します。ピラトは言います、「私はそんなことに関心はない、ただお前の同胞がそう訴えているだけだ」と。イエスは言います、「私が神の王国について説いたとしても、この世で王となろうとしているのではない」と。ピラトは徐々に忍耐を切らして、「とにかく何らかの意味で王なのだな」と言い、イエスはこれに対して、「それはあなたが勝手に決めつけているに過ぎない」とします。そして言います、「私は真理について証しをするためにうまれ、そのためにこの世に来た。真理に属する人は皆、わたしの声を聞く」と。ここにイエスの本来の姿が表されており、そこには「地上の王たち」との類似点はほとんどありません。この後ピラトは一言「真理とは何か」とつぶやき対話を終えます。
 この対話は、正直対話として成立していないほどチグハグです。それはたぶん先ほどのregereの意味理解の違いにあるのでしょう。ピラトは一貫して支配者としての王について語り、イエスはすべての人の導き手として語っているからです。
 新約聖書は、一貫して支配者としての王ではなく、導き手・案内人、「私たちのリーダー」としてのイエス・キリストを証しています。今ヘブル人への手紙に注目してみましょう。この書の二章で、イエスは私たちと同様に、血と肉とを具えた方であると言い、それは「死の力を持つ者……を、ご自分の死によって滅ぼし、死の恐怖のために一生涯、奴隷となっていた者たちを解き放つためである」(ヘブ2・14~15)とします。ある哲学者は人間を「死に至る存在」と規定しています。人の生が最終的に死で終わるということは、死の瞬間だけでなく、その人のこの世の生全体に影響を及ぼし、それを規定すると言っているのです。今ヘブル書に戻りましょう。四章でキリストは「私たちの弱さをおもいやることのできないような方ではない。罪は犯されなかったが、わたしたちと同じように試練に会われたのである」(4・15)とし、五章で「キリストは、その肉の生活の時には、激しい叫びと涙とをもって、ご自分を死から救う力のあるかたに、祈りと願いとをささげ、そして、その深い信仰のゆえに聞き入れられたのである。彼は御子であられたにもかかわらず、さまざまの苦しみによって従順を学び、全き者とされたので、彼に従順であるすべての人々に対して、永遠の救いの源となり」ました(5・7~9)と述べています。さらに十二章では、それゆえに「信仰の導き手であり、またその創始者であるイエスを仰ぎ見つつ、走ろうではないか。彼は、自分の前におかれている喜びのゆえに、恥をもいとわないで十字架を忍び、神の御座の右に座するに至ったのである」(12・2)と私たちを促しています。
 私たちの主キリストは、死の壁を復活によって打ち破り、ご昇天によって私たちのおん父である神さまへの道を確立して下さった唯一の方です。その意味でキリストは全世界の王であり、すべての人の導き手であります。

過去の説教はこちらから